半端者のつぶやき

リニューアルして再出発します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

千日回峰行の堂入り

今日は12月16日
世間も、テレビも選挙・選挙ですが、私は千日回峰行を調べていました。
(一応有権者としての義務は果たしましたが)


千日回峰行


千日回峰行
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%B6%E6%9A%A6%E5%AF%BA#.E5.8D.83.E6.97.A5.E5.9B.9E.E5.B3.B0.E8.A1.8C

千日回峰行の堂入り
5年700日の回峰を満行すると「堂入り」が行なわれる。
入堂前には行者は生き葬式を行ない、無動寺谷明王堂で足かけ9日間(丸7日半ほど)にわたる断食・断水・断眠・断臥の行に入る。
堂入りを満了(堂さがり)すると、行者は生身の不動明王ともいわれる阿闍梨(あじゃり)となり、信者達の合掌で迎えられる。これを機に行者は自分のための自利行(じりぎょう)から、衆生救済の化他行(けたぎょう)に入る。

写真のDVDや本(どちらも酒井阿闍梨)については読み・見ました。
今日はYouTubedeで、光永阿闍梨のインタビューを見ました。
その中で、光永阿闍梨の話の中で、堂入りが何故9日間なのかをわかったような気になりました。

医学的見地では、完全断食・完全断水で人間が耐えうるのは7日間らしいです。
この堂入りは、それを9日間行い、尚且つ不眠不臥が入る。


光永阿闍梨が言われていたが、堂入りの最初の方ではそうでもないが、最後の方になれば、外にいる信者たちの息使い・気配・虫の音・動物の鳴き声・風の音など、普通では聞こえない音が、鮮明に聞こえるらしい。
酒井阿闍梨も言われていたが、神経が敏感にやたらと冴え渡り、研ぎ澄まされるらしい。
堂入りという「行」を行う事は、7日間という人間の限界を超えた行を達成した者が、見えないものを見、聞こえないものを聞く、人間を超えた能力を持つ為に、このような激しい、想像を絶する行をおこなうのだと・・・と妙に関心した。

堂入り前の回峰行、5年700日間は、この堂入りの為の体力&精神力作りの為にあり、これこそ自利行(じりぎょう)であること。
そして堂入り後は、科学を越え、人間離れした行をこなした修行僧は、生身の不動明王となり、衆生救済の化他行(けたぎょう)を行う・・・とこれも妙に関心した。

千日回峰行を達成した僧たちは、まさしく生き仏なのですね。


5月19日(日)に、多分、鯖街道ウルトラマラソンが開催されると思います。(毎年5月第三日曜日)
今年は、大阪ウルトラマラニックが4月開催になったので、富士五湖112kmと重複して出れません。
その代わり、5月が空いたこの日に、鯖街道ウルトラマラソン76kmに出ようと計画中です。
ゴールが京都なので、その翌日に、比叡山千日回峰行ルートを散策しようと計画中です。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/16(日) 23:09:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Road to Senshu ~46歳 サブ3への挑戦~#3 | ホーム | Road to Senshu ~46歳 サブ3への挑戦~#2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cap1223.blog.fc2.com/tb.php/14-71b214ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

自分のリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Road to Senshu (4)
日記 (16)
被災地 (3)
予定 (1)
その他 (3)
未分類 (1)
レース (16)
千日回峰行 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。