半端者のつぶやき

リニューアルして再出発します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2013八ヶ岳スーパートレイル100マイルレース

さて、何から残そうかな・・・
結果から言えば、今年もリタイア。昨年もリタイア。
あまり書くことの構想が浮かばないから、順を追って書いてみようか。

午前5時スタート。
2013-09-07 8

まだ雨は降っていない。
しかし、天気予報は午後遅くから雨予報。
雨具としては、ゴアテックスの上下を準備しており、上はザックで持ち歩き、下は96kmのデポジットの第二関門松原湖に預けた。

昨年は第一回。
第二回の今年は、特に100マイルの部でコース変更が結構あり、このスタートから変更となっている。
スタートの白樺湖。
完走するランナーは、ここを145km以降でもう一度同じコースを走る。

白樺湖からはいきなりのスキー場登り。
早速歩きで、ゆっくりスタートする。
やがてシングルトラックに入る。
渋滞が起きていたが、なにやら前が止まっておりざわついている。

                 

                      蜂に刺された!!


蜂がぶんぶん舞っている。
蜂が落ち着き過ぎ去るのを待って、静かに速く通り過ぎる。
幸い自分は刺されなかったが、結構さされているランナーがいた。
この時少し後悔したのが、自分の服装。

・半そで
・バンダナ
・黒のゲイター

これからは、必ず帽子(サンバイザーでなく)をかぶり、長袖を着て、ゲイターは明るい色にしようと。

八子ヶ峰の頂上?について、しばらく稜線を走る。
2013-09-07 10
2013-09-07 11

八子ヶ峰を下りたら、昨年のスタート蓼科湖に到着する。ここまで約10km
ここからは、しばらく平坦なロードを走る。
ここで、少しアクシデント。腹痛。
ストッパを飲むと、しばらく便意も治まるが、10分くらいしたら、またもよおしてきた。
走れない。。。振動を与えてはいけないが、早くエイドに辿り着かなければ・・・
我慢の走りで、なんとか20km地点のエイドに到着して事なきを得る。

20km過ぎからは、信玄棒道と言う平坦なトレイルを走る。
出すものを出してすっきり。自動販売機で炭酸を飲んですっきり。
40km地点で、6時間経過。ペースとしては悪くない。
そして、40km過ぎた八ヶ岳登山歴史館のエイドに到着。

ここから、昨年は観音平まで舗装路を登ったが、今年はトレイルに変わったと言う。
その内容は、直登を2回して約800mを登る。
登りが不得手な自分は、ごぼう抜かれ・・・
まあ、誰も走ってないし、走れない急こう配なんで、問題はないのだが。

なんとか観音平を登りきり、今度は下り基調、そして、いつ終わるともわからない無限のつづら折れを上下する、八ヶ岳横断自然歩道を、天女山駐車場まで行く。
40kmで6時間。天女山駐車場まで残り約15kmほど。第一関門まで24km。
残り24kmを4時間で行ける!と思っていたがとんでもなかった。。。。

昨年は、この区間で、軽く脱水症とハンガーノックになった。
今年はそれを見越して、補給に関しては問題なかったが、時間がかかりすぎた。
天女山駐車場に下りてきたのが、すでに11時間に達する前だった。
そして、この手前から雨が降り始めてきた。

天女山駐車場で、ほとんど撥水性のないウィンドブレーカーの上だけ着込み走りだす。
本来はまたトレイルに戻るはずが、ここでも蜂の影響でコース変更が行われ、第一関門まではロードオンリーとなる。
しばらくはロードの下り。
その最中に、雨が一気に強くなり、土砂降りになり、豪雨になり、雨で走るのも困難になってくる。
霧が一気に立ち込めて、前が見えなくなってくる。
道路は、一気に川状態になる。

しばらくロードを走ると、施設と自販機が見えたので、そこで雨宿りと補給に入った。
雨に濡れたウィンドブレーカーとベストを脱いだ。炭酸を飲むと一気に身体が冷えてきた。
ザックにいれてある、ゴアの雨具をあわてて着る。

しかしここから震えが止まらなくなる。
一気に震えが激しくなる。温めるために走りたいけど、走れない。震えて足が、身体が動かない。
雨はガンガン降っている。霧で視界がほとんどない。

                 第一関門でリタイヤしよう・・・

歩いて第一関門に到着したのは、制限時間40分前だった。
昨年とは違い、バナナ・オレンジ・グレープフルーツ・コーラ、とても豊富な量の補給食があった。
とりあえず食べて、飲んだ。
そうこうしているうちに、震えが止まり始めた。
どうしようか迷ったが、ダメ元で第二関門を目指そう!
第一関門を10分そこそこで後にする。
濡れて水をすって重くなった、ウィンドブレーカーとベストは第一関門で捨てて、出来るだけ軽くして。

ここから、南八ヶ岳林道に入るまでの一部が、コース変更となり、一部トレイルを走る事になる。
ライトを装着してトレイルに入ると、雨でトレイルは川に変わっていて道がない。
ヘッドライトは、雨と霧で白く照らすだけで前が見えないので、腹につけたライトで足元だけを照らす。
川になった道の、表にでた岩を渡りながら、道案内の看板を探す。
ちょうど自分が、このトレイルに入ったころからライトが必要になったので、道路案内の赤色灯のスイッチが入っていなかったので、自分の後にも何人かが連なって、このトレイルを走っていたので、自分がライトのスイッチを入れいていく。

リタイヤでちょっと悔しい気持ちばかりだったから、少しだけ良い事したよって、自慢しておこうかな?

道なき道を進み野辺山のロードに出る。
ここからは、南八ヶ岳林道、野辺山ウルトラマラソンのコースへ向かって走る。
昨年は寒かったけど、とても良い天気で、星明りで進めたコースも、この日は雨。あたりは真っ暗。
やがて、南八ヶ岳林道へ入る。

そして、だんだん自分の最後も近づいてくる・・・

雨が再び激しくなり始めた。
と同時、身体の芯、体幹から冷えてくるのがわかる。
ちょうど、パンツをはいている股関節周辺より。
震えが始まった。
だけど、この雨では休む事が命とり。
とにかく、次のエイド82kmまでは自力で行かなければいけない。
寒くて震えるけど、必死に下りを走った。
ここで倒れるわけにはいかない、迷惑をかけるわけにはいかない。

そして、ようやくエイドに到着した。
温かい麦茶をもらい、チップを自ら外した・・・今年の八ヶ岳が終わった。


準備は万端だったと自分では思っているが、天候変化における対応ができなかったのが、一番の反省点。

・水をよく吸ってしまうパンツをはいていた事。
・ゴアのパンツを第二関門に預けていたこと。
・最初からゴアの上を着こまなかった事。

補給食は有り余るほどもっていて、困る事もなく、逆に重たいぐらいだった。
2013-09-06 6
今回の目玉。食べる甘酒。
この先、ロングトレイルレースには自分の必需品になった。
今回、それ以外のおやつも持って行ったが、今後は、食べる甘酒のみでも良いと。

来年、またチャレンジだ。
何度はじき返されても、何度でも挑む。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/19(木) 21:08:11|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013 第13回歴史街道丹後100㎞ウルトラマラソン | ホーム | 2013 OSJおんたけウルトラトレイル100km>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cap1223.blog.fc2.com/tb.php/19-1e606976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

自分のリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Road to Senshu (4)
日記 (16)
被災地 (3)
予定 (1)
その他 (3)
未分類 (1)
レース (16)
千日回峰行 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。