半端者のつぶやき

リニューアルして再出発します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012年 被災地

昨年訪れたのは
1、宮城県南三陸町
2、宮城県名取市閑上(ゆりあげ)
3、宮城県仙台市荒浜
4、宮城県仙台市泉区(被災した自分のマンション)

今年訪れたのは、
1、宮城県南三陸町
2、宮城県名取市閑上
3、宮城県仙台市荒浜
4、福島県南相馬市

その中で。南三陸町と閑上と荒浜の今を書いてみたい。

まずは、南三陸町。
被災のシンボルのようになってしまった、防災合同庁舎。
2012南三陸防災庁舎


最後まで町民の為に、津波放送を流し、被災した防災課の職員。
助かった人達は、屋上のアンテナ支持柱になんとかしがみつき、津波を耐えた職員の人達。
町長もその一人だったはず。
骨組みだけ残った防災合同庁舎は、昨年と全く同じ姿で、慰霊碑となっている。
昨年は、駅からすぐにレンタカーを借りて、そのまま来てしまい、手を合わせる事しかできず、今年は、花を途中で買って向かった。

あたり一面、昨年と大きく変わった所はない。
ただ、津波で流され大破した、車や救急車、折れた電柱や、高く積まれたがれきは撤去され、病院も、病院の上に流された船も、解体撤去されていた。
病院向かいの、ショッピングセンターも、解体撤去されていた。

2012年
2012南三陸2

2012南三陸3

2012南三陸4

2011年
2011南三陸1

2011南三陸2

2011南三3

枯れた木々は、昨年と変わらずに、この高さまで津波が押し寄せた跡を残している。
2012南三陸5

防災庁舎の周りを歩き、気持ちがどんどん塞ぎ込んでいく……
ここの周り、どこをみても、なんら昨年と変わらない、復興って?。
防災庁舎に行く途中の、今は津波で破壊された町庁舎の横の空き地に、仮設商店街ができていたので行った。
確か、昨年の暮れにできた商店街。
2012南三陸6

昨年ここに来た時は、仮設のファミリーマート一軒のみだった商店も、空き地にポツリポツリと、クリーニング屋やガソリンスタンド、理髪店が仮設で営業していた。

商店街に入り、最初に目についた、マフラータオルを購入、パン屋に入りカレーパンを、海鮮物屋で、からあげの試食をして、土産を買う。
商店街の商店の人達は、とても明るく、私達お客さんを迎えてくれる。
この貼り紙のように、自立する事が恩返しのように、頑張っている。
2012南三陸7

2012南三陸8

2012南三陸9

2012南三陸10

そんなに客がいるわけではない。
商売としてなりたつような状況ではない。
それでも、できる人は店を出し、一人でも客を呼び込む事が復興の第一歩として頑張っている。
自分が協力できる事は、来年もまたお客さんとして来る事だ。来年は何を買い、何を食べようか?
塞ぎ込んでいた気持ちは、ここの被災した人達の笑顔で、晴れていく。俺が励まされてどうする、逆なんだけどな。

来年また夏休みに来た時は、お店や、家も増えていたら良いな。
2012南三陸11


昨年訪れた時は通行止めが沢山あり、行けなかった、閑上中学校。
ここも、被災のシンボルとして残るのか?
時計は、14時46分で止まっている。
2012ゆりあげ1

慰霊碑が建っていた。
生徒7名が被災し、命を落とした。
机に書かれた、仲間友達たちの寄せ書き、贈る言葉。
すべて読めなかった。
2012ゆりあげ2

自分が来た時に、タクシーで来た女性二人組がいた。
この状況を知らせて欲しいと思う。
観光で良い。見た事を帰ったら周りに語って欲しい。
いつまでも忘れずに、そばで見ている事、それが私達にできるとても大きな事と思っている。
だいぶ、更地率も増えたけど、復興案がでない限り、ここは手がつけられずに、挙げ句は、人が戻ってこれない。
早く、国を含めて行政がシッカリとした復興案を具体化してほしい。
2012ゆりあげ4

2012ゆりあげ3


仙台市荒浜と名取市閑上は、川を挟んで隣同士。
被災状況はほとんど一緒。
更地率が増え、行き交うダンプが多い。
何もない更地に、ひまわり畑が。
2012荒浜1

2012荒浜2

南三陸にも、野生のひまわりが昨年も今年も咲いていた。
2012年
2012南三陸ひまわり
2011年
2011南三陸ひまわり

荒浜のひまわりは、人工的に咲いているけど、海水に浸かり、農地としては使いものにならない土地にも、ひまわりは元気に咲く。
来年は、このひまわり畑が、もっともっと大きく広くなっている事を願う。

ここ、ゆりあげや荒浜は、海岸沿いに走る、仙台東部道路(高速道路)が堤防となり、この道路の左右で景色が一変する。
この地区だけでなく、高さもわずかの違いで一変する。
帰りに東部道路のトンネルを抜けると、そこには、何も3/11とか関係ない街並みがある。

今年は新たに行った、福島県の今まで計画的避難地域で、現在立入ギリギリ可能な地点、南相馬市の状況を日記に残そうと思う。

スポンサーサイト
  1. 2012/08/22(水) 15:04:04|
  2. 被災地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2012 被災地 初めての地 | ホーム | 最初に・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cap1223.blog.fc2.com/tb.php/2-b5533e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

自分のリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Road to Senshu (4)
日記 (16)
被災地 (3)
予定 (1)
その他 (3)
未分類 (1)
レース (16)
千日回峰行 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。