半端者のつぶやき

リニューアルして再出発します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一本歯下駄 マラソン 内観



2012年 第2回大阪マラソン

2013年 第3回神戸マラソン

この2つのフルマラソンを、一本歯下駄で完走したのだけど、昨年の大阪マラソン及びその練習では、制限時間内に走る事だけに気持が行ってて、内観をじっくりする事がなかった。
しかし、今回の神戸マラソン及びその為の練習では内観する余裕があったので、備忘録的に感じた事を書き残しておきたい。

一本歯下駄で走るには、まず、身体を前に倒す力を利用して脚を前に出す。
実際には上半身だけを前に倒すのではなく、骨盤を前傾させて股関節(脚の付け根)から前に倒さなければうまく脚を前に運べない。

少なくとも人が走る場合、履物を履いていようが、裸足であろうが、大なり小なり蹴る動作が入る。
自分もベアフット系ランナーなのでよく分かるが、裸足であってもわずかでも蹴る(こする)形が入るが、一本歯下駄は全く蹴る事が出来ない。
蹴る事が出来ない時に、前へ進む推進力はどこから得るのか?
身体を前傾させて、重力と体重だけで推進力を得たとしても、それだけではうまく走る事ができない。
前への推進力は・・・・

練習で試した事。

・膝を内に絞る

何も気にしなければ、自分の場合、膝が開き気味になり力のベクトルが外に逸れ気味になる。
体重と重力による推進力と、着地から来る反発力を集約する為には、膝を絞り、力が常に身体の中心、体幹部分に集まるように意識して、膝を内側に絞る。

・着地と同時に、着地側の股関節に体重を乗せる

出来るだけ着地衝撃を大きくする事で、反発力を得て、推進力に変えようと。
股関節は肩甲骨と連動するので、着地脚が着地する間際に、同側の肩甲骨を下げるようにして股関節に体重をかける。
意識するのは肩甲骨のみで、肩を上下させないように気をつける。
これがスムーズになると、まさしく「ナンバ」の動きになる。
ナンバ動きになると、自然と背筋(骨盤が)立ち、胸郭が開くようになる(身体大きくなる)

この2つを意識すると、力が中心に集約される事と、動きが小さくなるので、速いピッチで一本歯下駄で走れるようになり、速い時ではキロ7分を切れる走りがわずかでも出来るようになった。
実際、神戸マラソンでも出来るだけ意識して走る事で、昨年の大阪マラソンのネットが6時間45分に対して今年の神戸マラソン6時間34分と11分短縮できた。

この意識と動きで、お尻と左右の腰に強い疲労が残った。
ここが第一に疲労して順に、ハムストリング、大腿四頭筋ち続く。
自分はもともとふくらはぎは強いようなので、ここにはあまり影響はでない。
昨年の大阪マラソンでは、首から下全部が激しい筋肉痛だった事を考えると、身体も強くなっていると感じられる。
身体強くなったおかげか、一本歯下駄にも慣れて、路面の凸凹や左右の傾きもでバランスを崩す事が少なくなり、それがタイム短縮に繋がり、おまけに転倒する事もなかった。

今現在は、この意識や動きをVFFで試している。
そして次はシューズでも同じように試すつもりでいる。
12月の防府読売マラソンの実践でも試す予定でいる。

これは過程・・・目標であるサブ3へ向けて・・・
スポンサーサイト
  1. 2013/11/26(火) 22:31:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第44回防府読売マラソン | ホーム | 第3回神戸マラソン2013>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cap1223.blog.fc2.com/tb.php/29-a341ee65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

自分のリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Road to Senshu (4)
日記 (16)
被災地 (3)
予定 (1)
その他 (3)
未分類 (1)
レース (16)
千日回峰行 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。