半端者のつぶやき

リニューアルして再出発します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京マラソン2014 レース模様編

大阪マラソン2012、神戸マラソン2013、そして東京マラソン2014・・・
大阪:約30000人、神戸:約18000人、東京:約36000人。
まず感じた事は人(ランナー)が多い!事。
大阪も神戸も、オールスポーツの写真撮影や、芸能有名人ランナーに気付く隙間があったのですが、今回の東京は気づく事が少なかった・・・
とにかく、ランナーが多い!のが第一印象でした。

ランナーが多いと言うことは、ボランティアの数も多い事。
それは同時に、一本歯下駄弁慶を披露できる観客も多いという事。


東京都庁について、荷物預け場所にて弁慶に着替える。
すでに頭巾と、一本歯下駄を残すのみでホテルを出たので、すんなり着替える。
頭巾をかぶると弁慶とわかるので、荷物預けのボランティアの方からの注視を浴びる。
そして、メインの「一本歯下駄」の登場!!
tokyo-6.jpg

ここから俄然注目が集まり、写真に撮られ始める。
弁慶に変身して荷物を預ける。
神戸マラソンの事を覚えておられる方もいて、エールをもらう。
そしてスタートブロックへの整列へ。
tokyo-5.jpg

Dブロックに入る前にも、ひとしきりボランティアの方と一本歯下駄マラソン談義に花を咲かせて整列する。
そうすると、日テレのスッキリからの取材申し込み。
でも、映像で流れたのは、インタビューではなく後ろ姿のみでした・・・
tokyo-9.jpg

フジテレビともう一つのメディアの取材を受けてから、他のランナーとの写真撮影をしたりしてスタートを待つ。
そしていよいよスタート!!!

スタート地点では、知る人ぞ知るダイコンと会う事が出来て、本来なら一緒に走りたいのだけど、一本歯下駄はペースが難しいので断りを入れて先に走りだす。
tokyo-10.jpg

そして、ここから必死の走りで先を急ぐ。
特に30㎞以降の関門を見据えて、前半の20㎞でいかに貯金をつくれるかが一本歯下駄ではキモになるので、スピードを上げるが、やはり声援には応えたいし、応えなければいけないので、左側沿道の少し内側を走る。
沿道ぎりぎりを走り、ハイタッチをしていてロスとなるので、声援には手を挙げて応えるようにする。
本当は、最初からハイタッチしたいのだけど・・・

仮装仲間との遭遇、神戸で一緒に走って覚えてくれいていたランナー、大阪の一本歯下駄を覚えてくれていたランナー、そして外国人ランナー。
やはりワールドメジャーマラソンなので外国人が多い。
外国人から一緒に写真を撮るよう声掛けられ、走りながらフレームに収まる。
彼らにとって、一本歯下駄は未知の神秘的履物であったはず。
彼らの母国で、この一本歯下駄はどのように紹介されるのだろうか・・・?
こんな事を思い巡らせ、なんとか10㎞を越えて、15kmの品川折り返しへ。
ここでのタイムが、1時間48分と、2/9坂出天狗マラソンで出したベストタイム1時間50分を切ったので、これは関門も余裕を持って通過できるだろうと確信する。

そして楽しみにしていた、銀座から浅草の区間へと入っていく。

20㎞を2時間30分を切って通過。
tokyo-3.jpg

大阪・神戸の時は3時間近くかかったので、それに比べて、貯金を作っての通過にひと安心する。
25㎞くらいで、ダイコン集団が追い付いてきた。
tokyo-11.jpg

しかし、自分には彼らを追いかける余裕がなかった。
この時点で・・・腹痛に襲われていた。
空いてそうなトイレを探しながら、走ったり歩いたり・・・
少ししたところでトイレがあったので、そこにピットイン。

出すものを出して、再度走りだす。
そうこうしていると、スカーツリーが見えてきた。もう少しで折り返しの浅草だ!
ここまでも、ほとんど沿道の応援は途切れる事もなく、特に銀座あたりからは沿道の応援も増えてきた。

やはり今回も、一本歯下駄をみて、沿道からもランナーからも「あれは無理やね」と言う声が前半は聞こえるが、それも20㎞を過ぎてくるとその声はなくなり「それでここまで来たの!?」と言う驚きに変わる。
そして、35kmをすぎると「よくここまで走ってきた!!すごい!!」となる。
大阪も神戸も同じで、これが快感なんですよね。

25㎞過ぎから給水所も片づけが入ってきて、ランナーを応援するボランティア(手空)が多くなってくるので、そのボランティアとハイタッチを交わしていく。
ランナーを一番多く見ているのは、路上整理や給水所のボランティア。
この方たちとのコミュニケーションを多くとる事が、仮装ランナーには一番重要で一番良い宣伝と思い、2.5㎞おきにある給水所が楽しみの一つとなった。

浅草の折り返しがやってきて、またまた腹痛に襲われる。
もう走れない、振動を与えると漏れる・・・
2㎞ほど歩いてようやくトイレを見つけて用をたす。
2度のトイレ休憩で、10分弱のロスだろうか・・・それを考慮しても、前半に稼いだタイムのおかげで、最終関門の38km地点では、14分くらいの余裕を持って通過する事が出来た。

折り返してからまた銀座を通るのだが、銀座で買い物したセレブな奥さまが、地下鉄への入り口階段で一本歯下駄弁慶を見つけて驚いた表情をした。それをみて笑顔で手を振る。
もう、30㎞を過ぎてからは全て歩いていた。歩くと余裕が出てくるので、視線はすべての沿道へ。
反対側の沿道からの声援にも手を振って応える。
tokyo-1.jpg


私設エイドにも助けられたし、子供たちの声援にも助けられた。
浅草あたりだろうか?子供から「弁慶走ってみて!」と言われて、ダッシュしてみせて驚かせたり。
ランナー友達とも、立ち止まって写真に収まったり、38㎞の最終関門を過ぎてからは、凱旋するヒーローとなりきり歩く。

沢山の声援をもらい、沢山の写真に収まり、沢山のハイタッチで力をもらい・・・
そしてゴールが一歩一歩近いづいていく。
ゴール出来る安堵感。でも、でも、ゴールしてしまう寂しさ・・・
脚も足も痛いし、速く一本歯下駄を脱ぎたいんだけど、もっともっと触れ合って、もっともっと驚いてほしかった。
そして、ゴールゲートをくぐる・・・6時間39分。

「6時間39分あたりのゴールシーン」

コースへ向けて感謝の礼をし歩き出すと、どこの国かわからないんだけど、5~6人くらいの集団のランナーと記念撮影を頼まれフレームに収まる。
荷持つ預けの場所に入ると、ここでもボランティアの方の驚きと祝福に、ひょっとしたら、ここでの触れ合い一番嬉しかったかもしれない。
ここでツイッター仲間のボランティアの方と会えることができた。
一本歯下駄弁慶 東京マラソン最後の一枚
tokyo-8.jpg

東京マラソンが終わった。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/27(木) 11:52:01|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初めての草鞋ラン (過去mixi日記の転載) | ホーム | 東京マラソン2014 タイム編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cap1223.blog.fc2.com/tb.php/34-aff4f127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

自分のリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Road to Senshu (4)
日記 (16)
被災地 (3)
予定 (1)
その他 (3)
未分類 (1)
レース (16)
千日回峰行 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。