半端者のつぶやき

リニューアルして再出発します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

千日回峰行の道を歩く 7

西塔に向けて歩き始めると、すぐに出くわす・・・「弁慶水」
DSC0408.jpg
昔、西塔の武蔵坊というところに住んでいたといわれている弁慶が、千日の間「千手堂(山王院)」に参籠した際に、仏に供える水、閼伽水を汲みに、この杉の根元から湧き出ている水を汲みにここへ通ったと伝えられているそうです。
この閼伽水は「弁慶水」のほか、「千手水」「千寿水」など多くの異称が伝えられているとの事。

ちなみに、東堂にある国宝殿へ行く道中の説明看板に、こんなものもありました。
DSC0389.jpg
平成によみがえった弁慶は、里帰りしたのかもわかりません。
103450195949621139329981665483206n.jpg
弁慶が参拝したいわれている山王院。
DSC0416.jpg
ここも映像に出てくる、浄土院へ向かう階段。
DSC0418.jpg
浄土院・・・宗祖伝教大師の御廟
DSC0422.jpg
弁慶の飛び六法(弁慶は昔の文字で)なんでしょうかね?これは・・・
DSC0423.jpg
我が志を述べよ!!!力強いです。これぐらいの気概は必要ですよね。
DSC0424.jpg
椿堂・・・聖徳太子が関係あるみたいです。
DSC0429.jpg
DSC0430.jpg
常行堂と法華堂を合わせて「にない堂」と言う。
常行堂。
DSC0435.jpg
法華堂。
DSC0437.jpg
ふたつをつないで、にない堂。
DSC0438.jpg
故酒井大阿闍梨は、千日回峰行の前に、ここ、にない堂にて、常行三昧と言う90日間お堂の中をぐるぐる回り続ける、一切座らず、眠る時も柱にくくりつけられて寝るという修行をされた場所。

釈迦堂。
DSC0443.jpg
お釈迦様の仏像。
DSC0446.jpg

ここで西塔が終わり、これから京都一周トレイル北山ルートを歩きながら、玉体杉を目指します。
京都一周トレイル。
DSC0449.jpg
DSC0451.jpg
DSC0452.jpg
DSC0453.jpg

8へつづく。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/24(土) 11:32:36|
  2. 千日回峰行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<千日回峰行の道を歩く 8 | ホーム | 千日回峰行の道を歩く 6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cap1223.blog.fc2.com/tb.php/49-35c9ba5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

自分のリンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Road to Senshu (4)
日記 (16)
被災地 (3)
予定 (1)
その他 (3)
未分類 (1)
レース (16)
千日回峰行 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。